転職

【体験談】公務員に耐えかねてビルメンを目指した話

【体験談】公務員に耐えかねてビルメンを目指した話

公務員で働いていた時期に何度かビルメンを目指し面接を受けたことがあります。

この記事では、ビルメンを目指した経緯や面接までの話を書いていきたいと思います。

 

ビルメンを目指した経緯

技術系高卒公務員2年目のある日、毎日終電&休日出勤(サービス)の毎日に疲れた私は、なんとかこの状況から抜け出したいと思い、ネットでホワイトな職種を探していました。

 

当時の僕にはホワイト職場など見つけられるはずもなく、、、

事務職がホワイトとは聞いていましたが、女性が多いと聞き対象外としていました。

(当時は事務系のおばちゃんに嫌われていて、辛かったです。1年目の頃は、おばちゃんが原因でよく追い詰められました。)

 

そこで、行き着いたのがこのブログです。

このブログを見た私はこれだッ!!と閃きました。

ビルメンになって資格を取りまくってお金持ちになったる!と。

 

ビルメンってどんなお仕事?

ビルメンはビルメンテナンスの略となります。

その名の通りビルなどの建物内の設備(水道、電気、機械)を管理するお仕事です。

 

ビルメン会社を転職サイトで探して受けてみた

早速リクナビNEXTを使ってビルメン会社を探しました。

設備管理で検索し、ヒットした会社から主に以下のことを踏まえ2件応募しました。

・資格取得支援がある

 資格を取りまくって大手の設備管理会社とかに転職してやるぜ!って思っていたので資格受験代やテキスト代を負担してくれる会社がいいです。

・資格手当がもらえる

 ビルメンは給与が少ないと聞いていたため、資格手当がもらえる会社がいいと考えました。(ちなみに第2種電気工事士は月3000円もらえるそうです。)

・病院や大規模商業施設を管理しないところ

 ビルメンってどこの現場に配置されるかで忙しさが決まるらしいです。

 特に病院や商業施設はやめとけって声が多いので、避けました。

当時は関東に住んでいたため、東京で探していました。

未経験可は意外と多かった印象です。

 

未経験でも条件がひとつあり、それは設備系資格をひとつ持っていることでした。

(私は高校時代に第2種電気工事士や陸上特殊無線などを取得しています。)

高校で取った資格が役に立つことがあるとは・・・しみじみ

 

 設備系資格は主にビルメン4点セットと言われるもの。

〇ビルメン4点セット〇

・第二種電気工事士

・危険物取扱者乙種4類

・2級ボイラー技士

・第三種冷凍機械責任者

 

書類選考を通過し面接へ

書類選考の際に書いたざっくりとした内容はこちらです。

 

〇志望動機:設備の保守管理は、私が高校で学んだ電気関係の知識を生かすことができるからです。的な内容(ぶっちゃけ、20分くらいで考えた感じです。)

〇自己PR:協調性を強調しました。(ダジャレではないですよ)現在の仕事で学んだうんぬん~てな感じです。

書類選考は無事通過し面接へ各会社へ行きました。

 

2件受けたうち本命の1社は、ホテルの管理を行う会社でした。

面接は社長が行い面接時間は30分くらいしましたね。思ったよりも聞かれました。

・志望動機 ・長所短所 ・現在の仕事を辞める理由

・今までお世話になった人を3人思い浮かべて感謝を言ってみる

・今までで一番の失敗を聞かせてください。

・取得したい資格 ・取得して何をしたいか などなど (後は忘れました)

こんなに聞くのかよ。。。と思いましたね。感謝を言う件は恥ずかしかった・・・

こんな感じで1社目は終了。

 

2社目は大学を管理する会社で、ここでの面接は1社目と違い雑談でした。

私的には普通に受け答えしていただけでしたが、やたらと褒められました。

「いいね~。はきはきしてるし。今まで(受けた人で)こんなにしっかりとした人はいなかったよ。」

おいおい、大丈夫か・・・

そしてあっという間に、給料や待遇の話に

提示された給料は月収手取り11万!!

当時の僕「都会じゃ暮らしていけないよぉ~」 もちろん心の声ですよ

そんなこんなで2社目も終了

面接後、結果は・・・

結果は1社目は不合格。2社目は合格でした!!

本命が不合格だったため、怪しかった2社目は辞退。

 

以上が私のビルメン転職志望体験記です。

 

今となっては不合格でよかったと思ってます。

別にビルメンをやりたかったわけではないので。

 

20代のうちは、自分のすきなこと、やりたいことを追い求めていきたいと思います。