漫画

【笑える】ギャグ・コメディ漫画 おすすめを紹介

【笑える】ギャグ・コメディ漫画 おすすめを紹介(R2年6月現在)

どうも、はしまるです。

今回は笑いたいときに読みたいギャグ・コメディ漫画を紹介していきたいと思います。

 

では早速紹介していきます。

 

トマトイプーのリコピン(現在3巻まで~連載中)

トマトイプーのリコピン – Wikipedia

いぬまるだしっの作者の新作となります。

結構時事ネタが多いです。鮮度が新しいうちに読みましょう。

 

少しヒネリがあるギャグが好きなんですよね。ヒカキンTVではなくセイキンTVを出すところとか。

 

いぬまるだしっのファンなら読んで損はありません!!

 

帰宅部活動記録(全5巻)

 

これはアニメ化もされた作品です。

 

ただ繰り返す日常を面白く過ごそうと集まった少女達のコメディ漫画となります。

 

主要キャラは5人ですが、皆キャラが立っていて楽しいです。(大体イカれてます)

一押しは道明寺桜です。

やっぱりギャグもツッコミもできる二刀流キャラは強いですね。

5巻のやたら焼き芋に詳しいところは笑いました。

 

範馬刃牙(全37巻)

範馬刃牙 – Wikipedia

刃牙シリーズ3作目がランクインです。

 

範馬刃牙シリーズからシュールギャグ成分が強くなります。

いやいや、今までのは視神経意外はありえたと思うんですよね。

とにかく範馬刃牙からはカマキリと戦ったり古代から原人が蘇ったりと中々な展開が続きます。

 

親子喧嘩編の「イヤミか!キサマ!!」や勇次郎が避雷針になったり人体模型みたいになったり、バカンスシーンと、ツッコミどころが多すぎる。

刃牙を読んでいる人はこちらの「バキどもえ」もおすすめ

バキシリーズ
刃牙シリーズの読む順番を解説【グラップラー刃牙からバキ道、外伝スピンオフまで】突然ですが、刃牙シリーズって読んだことありますか? 名前は知ってたり絵は知ってるけど、読んだことないって人は多いんじゃないでしょうか。 私の知人でよく聞くのは、読みたいけどどのシリーズから読めばいいか分からないというもの。 そこで今回は、刃牙シリーズ大好きの僕が最低限知っておきたい知識獲得への読み方を紹介していきます。...

りとる・けいおす 完全版

『あそびあそばせ』の涼川りん先生の漫画です。

たまに画力が高くなります。

 

シュールギャグもあれば、王道もイける。

 

ぐらんぶる(現在15巻まで~連載中)

ぐらんぶる – Wikipedia

ダイビング漫画とは名ばかり!

 

思い出したかのように潜ります。

メインは酒と漢たちの夢!!

 

この漫画読んでると元気がでますね。

 

生徒会役員共(現在18巻まで~連載中)

生徒会役員共 – Wikipedia

まったくゆるくない下ネタが続きます。

当時読んでいたときは中学生だったので、ネタが分からないこともありましたが、20を超えて読むとエグイこと言ってますよ。(笑)

 

下ネタって好き嫌い分かれますけど、本当に嫌いって人は少ないんじゃないかな。

 

さらに、この漫画の強みはツッコミのボキャブラリーが豊富なことですね。

とんでもない下ネタにも対応することができる。こんなツッコミを習得したいものです。

 

ヒナまつり(全19巻)

ヒナまつり – Wikipedia

新田を中心に展開していくギャグ漫画。

「ドラゴンボール」のミスターサタンや「ワンパンマン」のキングが好きな人はハマること間違いなしです。

ほとんどのキャラがイカれていて面白い。

 

テニスの王子様(全42巻)

テニスの王子様 – Wikipedia

知名度は抜群の大人気漫画です。

少年漫画だけあって熱い展開もあって面白いですが、よくよく見るとシュールギャグ?的な内容にもなっています。分身したりシンクロしたり雷と同じ速度で動けたりとネタが尽きません。

 

続編の「新テニスの王子様」ではもっと高次元な戦いに!

「熱い・笑い・感動」これほどオールマイティな漫画は見たことがありません。

 

学校に漫画科目があったとしたら、必修となることでしょう。

 

いぬまるだしっ(全11巻)

いぬまるだしっ – Wikipedia

時事ネタ多めなので、今から読むと古く感じるかもしれません。

けど、そこがいいんです!!

 

幼稚園が舞台というところでは、クレヨンしんちゃんのギャグ多め版的な感じですかね。

 

とにかく面白いです。

僕はジャンプに連載されていた時代からのファンで

毎週腹抱えるくらい笑ってました

 

まとめ

どうだったでしょうか。

僕の好きな漫画ばかりなので、ここから選んでいただき笑ってもらえればと思います。

ではでは